プロフィール

佐藤インコ

Author:佐藤インコ
佐藤父ちゃんを筆頭に、私、佐藤インコこと母ちゃん。

インコの子供達と共に茨城県の小さなお家で幸せに暮らしています。


ハナ♂
2010年7月15日生まれ
IMG_prof-hana.jpg
8月7日に我家にお迎えしたので「ハナ」と父ちゃんが命名。
甘えん坊で人の頭の上が大好き。落着きが無く、じっとしてる事が無い。
「父ちゃん愛してる」「ありが父ちゃん」「父ちゃんチュッチュ」等父ちゃんのゴキゲンをとるお話が上手。


ロク(2代目)♂
2010年11月25日生まれ
IMG_prof-roku2.jpg
先代ロクの生まれ変わりと信じて12月19日我家にお迎え。
ポーっとしたのんびり屋さん。
ハナが大好きで、ハナの後をいつも追いかけているが、食べ物を目にした時は強くなり、ハナを負かす。


== ピーちゃんず ==
2011年3月16日生まれ
ピーちゃんの生まれかわりをお迎えするため、毎週末ペットセンター通う。
4月9日に感動の再会。
ところが、同じ顔をした子が2羽・・。迷ったあげく2羽共お迎えすることに。

1号 ♀
IMG_prof-p1.jpg

2号 ♀
IMG_prof-p2.jpg


グレ(サザナミインコ)
性別不明
2011年5月15日生まれ
IMG_prof-gure.jpg
茨城県の「ピーちゃんハウス」より7月2日お迎え
身体は小さめだけど、元気いっぱいのヤンチャっ子です。
ミッキーのお歌が上手
運命の出会いか・・先代ロクと誕生日が同じです。


あお(サザナミインコ)
性別不明
2011年6月12日生まれ
IMG_prof-ao.jpg
グレちゃんと同じ「ぴーちゃんハウス」より8月6日にお迎え
グレちゃん同様身体が小さめですが、元気イッパイ。
臆病なのにきかない所もあるわがままな甘えん坊。


夢(2代目 サザナミインコ)
性別不明
2013年11月5日生まれ
夢ちゃんプロフィール
茨城県「ピーちゃんハウス」より12月22日お迎え
怖いものナシの勝気な性格。落ち着きがなくいつも動き回っている為、周りのインコ達を引っ掻き回しています。


ナナ(ウロコインコ)
性別不明
2014年5月生まれ(多分)
IMGナナ
2014年7月9日お迎え
「アキクサインコからコンゴウインコまで何でも飼ってみるおじさんが行く」の「なないろいんこさん」からお迎えしました。なないろいんこさんから7月にお迎えしたので父ちゃんがナナと命名。


あさり(シロハラインコ)
性別 ♀
2015年9月5日生まれ
あさり
愛知県より2015年11月3日にお迎え
青森県十三湖近くで生まれた「しじみちゃん」に対して、三河湾のある愛知県で生まれたので「あさり」と命名。
父ちゃんが大好きで顔を見ると「抱っこ~」と、大騒ぎしています。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


ピーちゃん♀
2008年12月25日生まれ
IMG_prof_p.jpg
気は優しくて力持ち
父ちゃんと母ちゃんから溺愛されるあまり、人間に恋してヘルニアになる。
2010年5月から千葉県の「小鳥の病院bird house」に通院。
ダイエット・投薬・注射による治療を試みるが、最後は腹水がたまり癌化。2011年1月4日、天国に行きました。


ロク 多分♀
2010年5月15日生まれ
IMG_prof-roku.jpg
6月6日にお迎えしたので「ロク」と父ちゃんが命名。
甘えん坊。
我家にお迎えしたときから、呼吸器系が弱く通院。
体が弱く投薬治療を続けていたが悪化。入院3日目の夜中、天国へ。
ハナをお迎えした翌日8月8日でした。



夢ちゃん(サザナミインコ)
性別不明
2011年3月15日生まれ
IMG_prof-yume.jpg
茨城県の「ぴーちゃんハウス」より、4月16日にお迎え。
地震が続く中、やっと育ったヒナちゃん。
「ぴーちゃんハウス」で付けられた名前をそのまま頂きました。
5月25日埼玉の病院で腸閉塞のため手術。縫合の最中眠っているまま天国へ。


しじみ(2代目 シロハラインコ)
性別不明
2013年12月10日頃生まれ
シジミ
2014年1月26日お迎え。
青森県の一三湖の近くで生まれたので「しじみ」と命名。
遊び好きでいつも跳ねたり転がったりして 父ちゃんと母ちゃんを癒してくれました。
可愛くて可愛くて・・いつも頬ずりしていました。
2015年8月25日
肝臓疾患で腹水が溜まり、病院で処置中に天国に行ってしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤ピーちゃんの闘病記録8


平成23年1月4日 年を越して間がないのに・・
 
 やっと年を越すことが出来たのに、ピーちゃんは逝ってしまいました。
 


ピーちゃんが病院が休みの間、大丈夫か本当に心配でした。

病院に行けるこの日を心待ちにしていたのに・・・

まさか、病院に行ってこうなってしまうとは思いもよりませんでした。



泣きながら、父ちゃんと母ちゃんは

動かなくなってしまったピーちゃんを撫でながら

「ピーちゃんえらかったね。今までよく頑張ったね!」と、たくさんたくさんほめてあげました。


ピーちゃんは、もう何箇所もお腹に針を刺して辛い思いをしなくていい。

身体も重くないから、自由に走って飛びまわれる。

やっと自由になれたね。

頑張ったピーちゃんに、きっと神様がご褒美をくれたんだね。



今までよく頑張ったね!

ピーちゃん、今までありがとう。

ウチの子になってくれてありがとう。

生まれ変わっても、またウチの子になってね。

父ちゃんも母ちゃんも、生まれ変わったピーちゃんをきっと見つけるから

                  ピーちゃんも父ちゃんと母ちゃんを見つけてね!


ピーちゃん、ずっとずっと愛しているよ。
IMG_0582.jpg



ピーちゃんが逝ってしまった夜

   先代のロクが亡くなったときも同じですが

IMG_0880.jpg
 
この人形達が夜中突然鳴き出すのです。

それも何度も・・。


普段は全く・・というか持って揺らしてもあまり鳴くことはないのです。

 
人形は1週間ほど毎晩、夜中になると何度も鳴いていました。

父ちゃんと母ちゃんは「ピーちゃんが来ているね」と言いながら

                        その声を聞いていました。




スポンサーサイト

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

佐藤ピーちゃんの闘病記録7


平成23年1月4日 病院での帰り道


外はもう暗くなっていました。

車の中、ピーちゃんがだるそうな様子なので、
                カゴの中に手をいれてピーちゃんを撫でていました。

ピーちゃんは母ちゃんの指をつかみ、じっとしています。


本当はカゴから出して、撫でてあげたいのだけれど、寒いと身体にさわると思い我慢。


   「ピーちゃん、お家に着いたよ。
                     今日も頑張ったね!えらかったね」



ピーちゃんをお家に戻す前にケージのお掃除。

掃除が終わり
     「さあ、ピーちゃんお家に入ろうね」

父ちゃんがピーちゃんに声を掛けると、グッタリとしながらも、
                        顔をチョコンと上げ父ちゃんを見つめる

ご褒美にとブドウ糖液を用意して
   「ピーちゃん頑張ったから、美味しい水飲もうね」

父ちゃんがお水を飲ませようと、ピーちゃんをケージから出すとグッタリして反応がない!
   「ピーちゃん!」
   「ピーちゃん!」
父ちゃんと母ちゃんは何度もピーちゃんの名前を呼ぶ。

ピーちゃんは半分目を開けたまま動かない。

   「えっ?えっ?ウソ・・」  

心臓は動いている。

ずっと名前を呼び続け、身体を温め、父ちゃんと母ちゃんと交互に抱っこする。

母ちゃんが抱っこしていると、ピーちゃんが・・けいれんを起こす。

   「ピーちゃん!」
  「ピーちゃん!」
 

痙攣が治まり、ピーちゃんの息と心臓を確かめてみる。

・・・動いていない。


午後5時半、ピーちゃんは逝ってしまいました

  「ピーちゃん!」
  「ピーちゃん!」 




さっきまで甘えてくれていたのに・・どうして突然に。

ピーちゃんはまだあたたかいのに・・。

「なんで~?」

父ちゃんも母ちゃんも声を上げて泣きました。

ずっとずっと泣いていました。 


テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

佐藤ピーちゃんの闘病記録6


12月末 ピーちゃんの体調は良いようで
           身体が重いながらもゴキゲンな毎日を送っています。



今は、ピーちゃんのケージの掃除をするときだけ放鳥していますが、
    掃除が終わりケージに戻そうとすると重そうな身体とはウラハラにすばしっこく逃げ回る

「お腹を怪我したら大変」と母ちゃんは必死で追いかけますが、これがまた捕まらないのです。 

ピーちゃんは広いところで遊びたいのでしょうね。 


28日 体重47g
    病院。腹水の袋が増えてしまったようで、5箇所から7g分の腹水が抜けた。

    小さな身体に5箇所も太い針を刺されてもピーちゃんは頑張っている。
    本当にえらいよ、ピーちゃん



    病院の年内の診察は今日で終了。

    新年は4日から。

    最近は3日でお腹がパンパンになってしまうので、その間とても心配。
    先生も心配して、車で2時間近くかかるけど、
                    腹水を抜いてくれる病院を紹介してくれました。


30日 体重44g
    先生の紹介してくれた病院に無理を言って予約を入れてもらい、腹水3g分抜いてもらう。


31日 体重47g
    ピーちゃんはとても気分が良さそう。
    なんと、この身体で発情の兆候が見られる。

    ずっと聞かせてくれなかった鳴き声も少しずつ聞かせてくれるようになりました 


    ピーちゃんが当たり前のように鳴いてくれることがどんなに嬉しいことか・・
                    当たり前の事がどんなに幸せか感じることが出来ます



IMG_0856.jpg
12月31日 ピーちゃんのケージを掃除中の放鳥。

短い時間だけどケージの外で遊べてピーちゃんはゴキゲン
食事中のロクのご飯が美味しそうと見えて、ご飯を食べだしてしまいました。
そんなひと時が本当に幸せを感じられます。



平成23年
1月1日 体重48g
     ピーちゃん相変わらずとても気分が良さそう。
     父ちゃん、母ちゃんと遊びたがっています。


  3日 体重52g
     見た目は本当に痛々しいけど、本人はいたって気分が良さそう。
     前日は、とうとう発情のポーズまでとっていました。
      
IMG_0876.jpg
平成23年1月3日 ゴキゲンでカメラ目線のピーちゃん
お腹が重いので、寝るときは頭をうんと下にさげてバランスを上手とって寝ています。



  4日 体重53g
     父ちゃんと共に車で病院へ。
     
     病院のときは小さなカゴに入れていくのだけれど、
              移動中のカゴの中でもずっとこちらを見て
     「さわって!頭かいて!」とずっとおねだりしています。
     本当に甘えん坊さんのピーちゃんです


     先生に発情の報告をすると「気分がいいのね・・。」と一言。
     いつものように腹水を抜いてもらう。
     ピーちゃんはじっと目をつむり我慢してる様子。

     「ピーちゃん頑張れ!大丈夫だからね。母ちゃんがそばにいるからね!」

     5ヵ所の袋からなんと腹水13g分も抜ける。

     「ピーちゃん、今日もよく頑張ったね!本当にえらいね!」

     先生も「この子はよく頑張っていますね」と、ほめてくれる。
  

     人間だってこんなこと辛くて大変なのに、

        小さな身体で本当によく頑張っていると思う。

    ピーちゃんは、父ちゃんと母ちゃんの誇りだよ!
   

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

佐藤ピーちゃんの闘病記録5


12月 ピーちゃんのお腹は以前より大きくなり、
                   咳込むことが多くなっている。
   


父ちゃんは、ピーちゃんが咳込むと真夜中でもケージから出して、
                          手の上にのせて身体を撫でてあげています。
    


       ピーちゃんはとてもきれいな高く澄んだ声でいつも鳴いていたのに
         いつの間にか声を聞かせてくれなくなってしまいました。


ピーちゃんはお腹に注射器を刺して水を抜くという辛い処置
                                      よく頑張っています。


     処置の最中は、母ちゃんも一緒に力んで
     「ピーちゃん大丈夫だよ、そばに付いているからね!頑張って!!」と応援。

     終わったら「偉かったね、今日も頑張ったね!」と先生と共に本気でほめてあげます。

    
15日 体重33g
    ピーちゃんはすごく喉が渇いている様子。
    試しに薬をうすめて飲水にしているブドウ糖をのませてあげたら、
                 すごい勢いで美味しそうにゴクゴク飲んでくれました。

    ピーちゃん、大きなお腹が気になるようで、かじって出血


16日 体重36g
    ピーちゃんがお腹をまた咬んで出血させる。
    出血で、ケージや止まり木が血だらけになってしまいました。

    お腹が痛いようで、羽をいからせて目をつぶっていることが多い。


17日 体重40g
    体重が昨日より4gも増えているが、ほとんどが腹水だと思う。
 
    ピーちゃん体重は増えていっても、日に日に動きが鈍くなり弱っているように見える。
    でも、食欲はあるようなので一安心。

    病院に行く。
    腹水2g抜ける。
    先生がお腹をかじって出血しているのを見て、
              口ばしのとがった部分を爪切りで切ってくれた

    ピーちゃんの右足が痛そうなので先生に診てもらう。
    骨には異常ないようで、ホルモン関係が原因だと左足に来るらしいが、
                         ピーちゃんは右なので2~3日様子を見ることに。

    薬にビタミン剤と消炎鎮痛剤が加わった。


IMG_0816.jpg
平成22年12月20日 ロクとの対面
ロクは興味深々でしたが、ピーちゃんは全く興味を示しません。



21日 体重46g
    ピーちゃんお腹が垂れ下がり引きずるほど大きくなっている。

    病院へ行き、腹水除去。
    体重6g分も抜ける。

    ピーちゃん少し吐いた様子。



23日 体重41g
    ピーちゃん、お腹は大きいが体調は良いようで遊びたがっている

    脱水症状を起こしている様子のピーちゃん。
    本当はいけないのでしょうが、食欲が出るようなので
       水入れに使っているおちょこでブドウ糖液を飲ませてあげる。

    本当に喜んでゴクゴク飲んでくれる



    私達がケージの前を通ると、
         そのたびにピーちゃんがケージの中を同じ方向に走って追いかけてくる。
    パセリを入れてあげると、それを口にくわえてケージの中を歩きまわっている。
    お気に入りの鐘もつついて遊んでいる。



    見た目は本当に辛そうに見えるけど、
             こんなに気分の良さそうなピーちゃんは久しぶりに見る。
    健気で本当にかわいい・・



IMG_0844.jpg
平成22年12月23日 
         こんな姿でも懸命に遊びたがって、私達の方をいつも見ています。
    


24日 体重41g
    病院へ。
    腹水2箇所から3g抜ける。

    ピーちゃんの腹水の袋がのうほう性といって複数の袋が出来ていると言われる。  



25日 体重40g

    ピーちゃんが誕生して3年目の誕生日
    ピーちゃんは食べることが出来ないけど、ケーキのろうそくに火をともしてお祝い。

IMG_0847.jpg
おそらくこれがピーちゃんにとって最後の誕生日。
    父ちゃんは「今日お祝いしないと絶対後悔すると思う」と
              夜、わざわざ大きなケーキを買いに行ってきました。
    
    
     

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

佐藤ピーちゃんの闘病記録4

12月 ピーちゃんの大きなお腹と咳は変わらず。    

    お腹に水がたまってくると、お腹を引きずりそうで、
    放鳥はケージを掃除しているとき以外はできるだけ控えるようにしました。

    でも、食欲は変わらずあるので安心。

    最近のピーちゃんは甘えん坊
    ずっとケージ越し以外は顔を掻くのはやらせてくれなかったのに、
    ケージに手を入れると、顔を掻いてと寄って来る。
    
    顔を掻いてあげると気持ち良さそうに目をつむっている。

    なんてカワイイんだろう・・。
    ピーちゃんの気が済むまで掻いてあげたい。
 

IMG_0718.jpg
   


    羽が抜けているポコンと出たシワシワのお腹。
    知らない人が見たらきっと気持ちが悪いと思う。
    でも、父ちゃんも母ちゃんもそんな身体を含めて、本当に愛おしい・・。
   


  2日  ピーちゃん体重41g 
      お腹の水がたまってきたようなので急きょ病院へ。

      腹水1.5g抜いてもらうが、内出血のため水が真っ赤。
      あまり良くない状態だと言われてしまう。

      ピーちゃん咳がひどいため加湿器をつけた。

 
  7日  ピーちゃん餌を吐く


  9日  体重37g  
      体重の減少が激しく、胸を触ると骨があたるようになってきた。 
     
      病院へ行く。
      お腹がパンパンに張っていると言われ、腹水2g抜いてもらい、食欲増進剤を出される。


       餌を嘔吐したのは内蔵がお腹に圧迫されていた為だと説明を受ける。 

       
       今夜から、また一晩中明るくして、
                 いつでも餌を食べられるようにする。
   


  14日  体重35g
       ピーちゃん食欲・元気がなくじっと目をつぶってばかりいるので病院へ。
       強制給餌をしてもらう。

       ヘルニアの外科手術の事をいろいろ調べていたので、先生に相談してみた。
       それなりに命のリスクは大きいけど、「ピーちゃんに普通の生活をさせてあげたい」と
       父ちゃんと相談した結果だった。

       先生に、ピーちゃんのヘルニアはもう癌化していて
                開腹手術しても何も出来ないだろう

                                       言われてしまった。
   
    
           こらえ切れず、思わず涙が・・。



       先生は本当に小鳥を愛している人だと思う。
       「出来る限りの事はして、ピーちゃんと共に頑張りましょう」と言ってくれた。


       免疫力を高める薬で
         βグルカン、アガリスク(漢方)、インターフェロンを勧められる。

       アガリスクは漢方なので、即効性はないが副作用の心配もない。
       βグルカンとインターフェロンは即効性はあるが、副作用の事例も
                           報告されているそうだ。



       ピーちゃんにはインターフェロンを服用することにした。

       薬をとかして飲水として与えるためのブドウ糖。
       あとはいつもの抗生物質と消炎剤。      


       家に着くと、ピーちゃん給餌された餌を吐いたようで、顔がベトベトになっていた。 

      
       この日からお腹に傷が付くと大変なので、
       ブランコと、上の止まり木・フン取り網を外し、
           床にはクッションが付くようにタオルを敷き、
               少しでも餌を食べてくれるように蒔餌をする。



テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

フライトスーツのオーダーメイド
フライトスーツのオーダーメイドやっています。 オリジナルスーツをご希望の方、こちらからお気軽にお問い合わせください。 オーダーメイド

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
お気に入りブログ
佐藤インコの家族達
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。